ニュース

  • 【シアターコモンズ’23 】残席情報 / Theater Commons ’23 Remaining Seats info

    2023.1.28

    1月25日以降の各日 10:00 /18:00に残席情報を更新いたします。
    Remaining seats info will be updated at 10:00 /18:00 on each day from January 25.

     <1/28 10:00 更新>


    要予約プログラムの残席状況を確認する / Click to check remaining seats info


    *小泉明郎「火を運ぶプロメテウス」は、複数の回で残席わずか、もしくは定員に達しております。

    *サエボーグ「ソウルトピア」は複数の回で残席わずかとなっております。

    *佐藤朋子「オバケ東京のためのインデックス 第二章」はお席にまだ余裕がございます。

    ※定員数の少ない公演については、次回更新までの間に定員に達してしまう場合がございます。

    ご希望の回はなるべくお早めにご予約くださいますよう、お願い申し上げます。

    続きを見る
  • 【1月25日(水) 19時放送】相馬千秋が「ポリタスTV」に出演!

    2023.1.25

    ジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介さんが平日毎日放送している報道番組「ポリタスTV」に、シアターコモンズのディレクターである相馬千秋が出演します。

    続きを見る
  • 【シアターコモンズ’23 当日席情報】

    2023.1.25

    【シアターコモンズ’23 当日席情報をお知らせします。(各公演日 AM10:00発表)】

    *鑑賞にはコモンズパスが必要となります。公演単体のチケットはございませんんので、ご了承ください。

     

    続きを見る
  • シアターコモンズ’23 プログラム詳細を公開!

    2023.1.16

    シアターコモンズは、演劇の「共有地」を活用し、社会の「共有地」を生み出すプロジェクトです。

    日常生活や都市空間の中で「演劇をつかう」こと、すなわち演劇的な想像力によって、異質なもの、複数の時間が交わり、特別な対話や発見をもたらす経験をアーティストとともに仕掛けていきます。

    第7回目となる今回は、「Rebooting Touch 触覚の再起動」をテーマに、4名のアーティストによる作品上演と3本のフォーラムを実施します。ウェブサイトにて、各プログラムの詳細を公開いたしました。

    続きを見る
  • 【参加者募集】中村佑子『まなざしはまなざされない』シネエッセイ ワークショップ

    2022.12.23

    【参加者募集】
    シアターコモンズ’23プログラム
    中村佑子『まなざしはまなざされない』 シネエッセイ ワークショップ参加者募集のお知らせ

    続きを見る
  • シアターコモンズ’23 開催決定!ティザーサイトオープン

    2022.12.23

    都市にあらたな「コモンズ(共有地)」を生み出すプロジェクト、シアターコモンズ。
    第7回目となる今回は、パフォーマンス、インスタレーション、ワークショップのほか、リモート参加も可能なプログラムなど、集中的に展開します!

    続きを見る
  • シアターコモンズ’22  平和のための緊急ステートメント

    2022.2.27

     本日をもってシアターコモンズ’22は閉幕いたします。
     実際に会場に足を運んでくださった皆様、遠隔からご参加くださった皆様、アーティストやスタッフ、サポーターとして関わってくださったすべての皆様に感謝を申し上げます。昨年12月から現在に至る急速なオミクロン株感染拡大を受け、複数の海外演目の中止を含むプログラムの大幅な変更を余儀なくされましたが、結果的に大きな中断や混乱なく会期を終えられることに安堵しております。 3月31日まで、オンラインでの配信で引き続きお楽しみいただけますと幸いです。

     
     会期が終盤にさしかかった2月24日、ロシア軍によるウクライナ侵攻が始まりました。私たちが作品を上演している今この瞬間にも、軍事侵略という暴力に晒され、傷つき、苦しむ人々がいることに、計り知れない悲しみと憤りを覚えます。私たちはその脅威の中にあるすべての人々と連帯します。

     
     一方、シアターコモンズをともに作り上げている仲間にはさまざまな国籍の人間がいますが、その中にはロシア出身者も含まれています。国家による強制同期にあらがうことが許されない国から来た彼女が、今どれほどの不安と悲しみの中にいるかを想像し、私たちは、彼女や彼女のように葛藤する人々とも深く連帯します。

     国籍やイデオロギーによって友と敵を分けるような態度は、自分たちだけの正義に基づく戦争行為に口実を与えてしまいます。私たちは、国家の名の下に個人の権利を奪う、いかなる脅威にも反対します。

     
     シアターコモンズは、国際的な芸術創造の「コモンズ/共有地」として、表現の自由と人権の尊重という、人類が長い時間をかけて獲得してきた価値を後退させないための努力を継続します。同じ志を有するすべての人々と連帯し、今、この瞬間にも脅威に晒されているすべての人々に寄り添います。そして、有事において芸術は無力だと嘆くのではなく、これまで表現の自由や人権の獲得のために命を落としたすべての人々に想いを馳せ、その存在を忘却しない方法としての芸術を、引き続き探究していきます。
     

    2022年2月27日

    シアターコモンズ実行委員長 相馬千秋

    シアターコモンズ事務局チーム 一同

     


     

    Theater Commons Tokyo ‘22 Urgent Statement for Peace

     

     Theater Commons Tokyo ‘22 closes today.

     We would like to express our gratitude to all those who visited the physical venues, those who participated remotely, and those who were involved as artists, staff, and supporters. Due to the rapid spread of the Omicron strain of COVID-19 from last December to the present, we have had to make major changes to our programs, including the cancellation of several international performances. In spite of this situation, we are relieved to have been able to run the festival successfully without any major interruptions or disruptions. We hope you will continue to enjoy our online programs, which will be open until March 31.

    On February 24, as the festival was coming to a close, the Russian military invasion of Ukraine began. We realize, with immense sadness and indignation, that there are people who are suffering and being hurt by the violence of military aggression, even at this very moment, when we are presenting our work. We stand in solidarity with all those who are under this threat.

    At the same time, Theater Commons Tokyo is realized through collaboration with many colleagues of different nationalities, including one from Russia. We imagine how anxious and sad she must be right now, coming from a country where she is not allowed to defy the forcible synchronization by the state. We care deeply for her and others like her who are struggling.

     Any attitude that separates friends from enemies based on nationality or ideology gives an excuse for acts of war based on our own righteousness. We oppose any menace that deprives individuals of their rights in the name of the state.

    As a “commons” of international artistic creation, Theater Commons Tokyo will strive not to retreat from the values that humanity has acquired over a long period of time: freedom of expression and respect for human rights. In solidarity with all like-minded people, we stand by all those who are under threat at this very moment. Rather than lamenting that art is powerless in crises, we will continue to remember all the people who have lost their lives through the fight for freedom of expression and human rights and renew our commitment to explore art as a way of not forgetting their existence.

     

    February 27, 2022

    Chiaki Soma (Chairperson of the Theater Commons Tokyo Executive Committee) 

    & Theater Commons Tokyo

     

     

     

    続きを見る
  • 【シアターコモンズ’22 残席情報】

    2022.2.27

    【各演目残席情報は、本ページにて随時更新致します】 <2/27 18:30 更新>

    リアル参加プログラムの残席状況は以下の通りです。

    続きを見る
  • 追加公演/増席のお知らせ

    2022.1.25

    シアターコモンズ’22のご予約について、
    ご好評につき、追加公演ならびに増席を行います。

    続きを見る
  • シアターコモンズ’22 プログラム全容を公開!

    2022.1.14


    シアターコモンズは、演劇の「共有地」を活用し、社会の「共有地」を生み出すプロジェクトです。

    日常生活や都市空間の中で「演劇をつかう」こと、すなわち演劇的な想像力によって、異質なもの、複数の時間が交わり、特別な対話や発見をもたらす経験をアーティストとともに仕掛けていきます。

    第6回となる今回は、「非同期することばたち – Unsynchronized Voices」をテーマに、演劇公演、レクチャーパフォーマンス、体験型アート、小学生とその保護者を対象としたワークショップなど、7つのプログラム2つのフォーラムを、リアルとリモートの両方で9日間にわたり開催します。

    続きを見る