演劇をつかう
劇場をつくる

シアターコモンズ

2017.1.25-2.5

東京都港区各所

NEWS

演劇をつかう。劇場をつくる。
レクチャーパフォーマンス
ワークショップ
対話型イベントなど。
演劇的発想を活用した、
あたらしい劇場
「シアターコモンズ」幕開け!
シアターという言葉は、演劇と劇場、その両方を意味します。
演劇は、儀礼や娯楽、鎮魂や裁判など、古今東西、
共同体の営みのなかで活用されてきました。
そしていまも演劇的想像力は、私たちの何気ない日常生活の至るところに、
姿を変えて忍び込んでいるはずです。
いま、あえて「演劇をつかう」としたら、それはどんな形なのか?
いま、あえて「劇場をつくる」としたら、それはどんなものなのか?
そんな問いを、7組のアーティストと共に
考えるところから、この劇場は幕開けします。
それは、私たちが生きる社会の共有地(コモンズ)について、
あらたな言葉と経験を紡ぐ、最初の一歩になるはずです。

相馬千秋 (芸術公社ディレクター)