開催概要

都市にあらたな「コモンズ=共有地」を生み出すプロジェクト、シアターコモンズ。演劇公演、レクチャーパフォーマンス、ワークショップ、対話型イベントなどを港区内で開催!

シアターコモンズは、演劇の「共有知」を活用し、社会の「共有地」を生み出すプロジェクトです。日常生活や都市空間の中で「演劇をつかう」、すなわち演劇的な発想を活用することで、「来たるべき劇場/演劇」の形を提示することを目指しています。演劇的想像力によって、異質なものや複数の時間が交わり、日常を異化するような対話や発見をもたらす経験をアーティストとともに仕掛けていきます。
第4回目となる今回は、これまで人類が発明してきた新旧様々なテクノロジーを介在させた演劇作品やパフォーマンス、ワークショップ、対話型イベントなどを、11日間にわたり港区内で集中的に開催します。

シアターコモンズは、港区内に拠点をもつ国際文化機関、台湾文化センター、ゲーテ・インスティトゥート東京、アンスティチュ・フランセ日本、オランダ王国大使館とNPO法人芸術公社が実行委員会を形成し、「港区文化プログラム連携事業」として港区内を中心に展開します。

基本情報

  • シアターコモンズ ’20
  • 会期|2020年2月27日(木)〜3月8日(日)
  • 会場|東京都港区エリア各所
  • 主催|シアターコモンズ実行委員会
  • 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
  • ゲーテ・インスティトゥート東京
  • 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
  • オランダ王国大使館
  • 特定非営利活動法人 芸術公社
  • 共催|港区 令和元年度港区文化プログラム連携事業
  • パートナー|SHIBAURA HOUSE
  • 助成|公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

クレジット

  • シアターコモンズ実行委員会
  • 委員長|相馬千秋(特定非営利活動法人芸術公社 代表理事)
  • 副委員長|王淑芳(台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター長)
  • 委員|ペーター・アンダース(ゲーテ・インスティトゥート東京)
  • 委員|サンソン・シルヴァン(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本)
  • 委員|バス・ヴァルクス (オランダ王国大使館)
  • 委員|大舘奈津子(特定非営利活動法人芸術公社 理事)
  • 監事|須田洋平(弁護士)
  • シアターコモンズ実行委員会事務局
  • ディレクター|相馬千秋(芸術公社)
  • 制作・事務局統括|清水聡美(芸術公社)
  • 制作|大舘奈津子(芸術公社)、戸田史子(芸術公社)、藤井さゆり(芸術公社)、山里真紀子
  • 企画アドヴァイザー|岩城京子(芸術公社)
  • 編集|柴原聡子、橋場麻衣
  • 広報アドヴァイザー|若林直子
  • 翻訳|田村かのこ(芸術公社、Art Translators Collective)
  • アート・ディレクション&デザイン|加藤賢策(LABORATORIES)
  • ウェブデザイン|加藤賢策、伊藤博紀(LABORATORIES)
  • 制作アシスタント|芝田遥
  • インターン|牛山茉優、大川文乃、小橋清花、関あゆみ、鄭禹晨、プルサコワありな、松本愛
  • 経理|松下琴美
  • 法務アドヴァイザー|須田洋平(弁護士/芸術公社)
  • シアターコモンズ'20 技術スタッフ
  • 舞台監督|ラング・クレイグヒル
  • 照明|山下恵美(RYU. Inc)
  • 音響|稲荷森 健
  • 映像|佐藤佑樹(エディスグローヴ)
  • 記録映像・写真|佐藤 駿