スザンネ・ケネディ&マルクス・ゼルク/ロドリック・ビアステーカー[ドイツ]
「I AM (VR)」

Susanne Kennedy & Markus Selg in collaboration with Rodrik Biersteker [Germany]

“I AM (VR)”

  • VRパフォーマンス
  • リモート参加有
ポストヒューマン時代を牽引する演出家スザンネ・ケネディの新作、世界初演。
仮想空間の旅で出会うものとは?

これまで人間(男性)中心的な視座から構築されてきた西洋演劇の規範や創作技法に対し、全く異なる独自の美学とアプローチで新風を巻き起こすアーティスト、スザンネ・ケネディ。近年ではフォルクスビューネ劇場とミュンヘン・カンマーシュピーレを拠点に、『ウーマン・イン・トラブル』(2017)、『バージン・スーサイド』(2017)、『三人姉妹』(2019)など、ポストヒューマン的世界観から女性を描く代表作を次々と発表。一方、美術家マルクス・ゼルクとの共作『Coming Society』(2019)、『URTRAWORLD』(2020)、『ORACLE(神託)』(2020)では、ゲーム的な仮想空間の身体を舞台へと大胆に接続し話題を集めている。
今回ケネディは、シアターコモンズからの委嘱を受けて、VR技術を応用し、仮想空間だけで体験する演劇作品『I AM (VR)』を創作、世界初上演する。観客は、吉凶を仰ぎにデルフォイ神殿を訪れた古代ギリシャ人のように、神託を求めて仮想空間を旅する。そこで出会うものは、人類の歴史か、AIか、アバターに託された自分自身(I AM)か、それとも…?

プロフィール

スザンネ・ケネディ 
1977年生まれ。アムステルダム芸術大学(AHK)卒業。エンダ・ウォルシュ、サラ・ケイン、エルフリーデ・イェリネクらの作品をオランダ各地の劇場で演出。2011年からはヨハン・シモンスの誘いを受けてミュンヘン・カンマーシュピーレで演出活動を開始。2013年『インゴルシュタットの煉獄』で「テアター・ホイテ」の年間最優秀若手演出家に選出され、翌年ベルリン演劇祭にも招聘される。近年ではベルリン・フォルクスビューネ劇場とミュンヘン・カンマーシュピーレを拠点とし、『ウーマン・イン・トラブル』(2017)、『バージン・スーサイド』(2017)、『三人姉妹』(2019)などを次々と発表。仮面をつけた俳優たち、録音されたセリフが自動再生される特異な舞台は、ポストヒューマン時代の新たな演劇として注目を集めている。

© Franziska Sinn

マルクス・ゼルク
1974年ドイツ・シンゲン生まれ。デジタルペインティング、彫刻、没入型インスタレーション、演劇、VR等を用い、古来の神話とコンピューターテクノロジー間のダイナミクスを探求するマルチメディア・アーティスト。
スザンヌ・ケネディとの共作では、ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場にて『ALGORITHMIC RITUALS – The Infinite Self』、『ORACLE』(ともに2019/2020)を発表したほか、ベルリン・フォルクスビューネ劇場にて発表した『ULTRAWORLD』(2019/2020)ではファウスト・アワード2020最優秀舞台デザイン賞を受賞。展覧会や、パフォーマンス作品を発表するほか、長編映画『DAS EWIGE ANTLITZ』(2012)、ヴェルナー・ヘルツォークと共作したオペラ作品『TRACES OF THE SUN – An Apocalyptic Opera』(2009)など、多彩なジャンルを横断して活躍している。

ロドリック・ビアステーカー
1986年オランダ・アルクマール生まれ。HKUユトレヒト芸術大学でバーチャルシアターとゲームのデザインを学ぶ。主に演劇の文脈のなかで映像やインタラクティブなテクノロジーを用い、領域横断的な活動を行うアーティスト。
近年では、スザンネ・ケネディとの共作として、ルール・トリエンナーレ、ミュンヘン・カンマーシュピーレ、ベルリン・フォルクスビューネ劇場などでの作品で数々のコラボレーションを行っており、最新作の『ULTRAWORLD』(2020)では、マルクス・ゼルクと共にファウスト・アワードを受賞した。

日時

2月17日(水)–2月21日(日)
11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00/
17:00/18:00/19:00

上演時間

約30分 *入れ替え制

会場

ゲーテ・インスティトゥート
東京ドイツ文化センター

〒107-0052 港区赤坂7-5-56

参加方法

リアル参加|要予約・コモンズパス提示
定員|各回6名

リモート参加|予約後送付されるURLよりアクセスしてください
*参加形態は後日発表

パス購入はこちら

上演言語

英語・日本語

クレジット

ゲームデザイン|スザンネ・ケネディ、マルクス・ゼルク、ロドリック・ビアステーカー
プログラミング|ロドリック・ビアステーカー
ビジュアルデザイン|マルクス・ゼルク、ロドリック・ビアステーカー
サウンドデザイン・作曲|リヒャルト・ヤンセン
テキスト|スザンネ・ケネディ
オラクル・インタラクション|アンナ・カタリーナ・ラウシュ、グラシエラ・フェルマン、ティル・ロスベルク
翻訳|根来美和
共同製作|シアターコモンズ、フォルクス劇場 ウィーン、オーヴァルオフィス ボーフム、ベルリーナー・フェストシュピーレ、ゲーテ・インスティトゥート東京