小泉明郎
「解放されたプロメテウス」

Meiro Koizumi

"Prometheus Unbound"

  • VRパフォーマンス
  • リモート参加有
© Meiro Koizumi
リアル空間と仮想空間で生成される「解放の夢」。
人類の逆説を突きつける、体験型パフォーマンス。

国家、共同体と個人の関係、人間の身体と感情の関係性を、現実と虚構を織り交ぜた実験的映像やパフォーマンスで探究するアーティスト、小泉明郎。あいちトリエンナーレ2019で初演されたVR演劇作品『縛られたプロメテウス』は、仮想と現実、陶酔と覚醒、肉体の超越と限界など、観客を両極に引き裂く体験を創出し、高い評価を得た。
本作は、前作の続編とも言える新たなVR作品。約2500年前に書かれたアイスキュロスの戯曲「縛られたプロメテウス」に続く「解放されたプロメテウス」は現存せず、いかにプロメテウスがゼウスと和解し解放されたか、私たちはその結末を知ることはできない。小泉はその失われた戯曲をコロナ禍の現代に接続し、仮想空間とリアル空間の双方において、複数の観客が参加できる儀礼的パフォーマンスとして再構築する。生と死の境界線上でリチュアルな体験を共有する人々は、その場で生成される「解放の夢」に、どう加担し、どう距離をとるのだろうか。

プロフィール

小泉明郎(こいずみ・めいろう)
1976年群馬県生まれ。国家・共同体と個人の関係、人間の身体と感情の関係について、現実と虚構を織り交ぜた実験的映像やパフォーマンスで探求している。これまでテート・モダンのBMWテート・ライブや上海ビエンナーレ、シャルジャビエンナーレ等、多数の国際展等に参加。個展としては「Projects 99: Meiro Koizumi」(ニューヨーク近代美術館、2013)、「捕われた声は静寂の夢を見る」(アーツ前橋、2015)「帝国は今日も歌う」(Vacant、2017)、「Battlelands」(ペレス美術館、マイアミ、アメリカ合衆国、2018)等を開催。VR技術を使った作品では『サクリファイス』(MMCAソウル、韓国、2018)、『縛られたプロメテウス』(あいちトリエンナーレ2019)がある。シアターコモンズではワークショップを経て『私たちは未来の死者を弔う』(2018)を製作・発表した。

©Meiro Koizumi

日時

2月17日(水)
15:00/15:30/16:00/16:30/17:00/17:30/
18:00/18:30/19:00/19:30

2月18日(木)–21日(日)
11:00/11:30/12:00/12:30/13:00/13:30/
14:00/14:30/15:00/15:30/16:00/16:30/
17:00/17:30/18:00/18:30/19:00/19:30

上演時間

約30分

会場

SHIBAURA HOUSE 5F
〒108-0023 港区芝浦3-15-4

参加方法

リアル参加|要予約・コモンズパス提示
*参加形態は後日発表

リモート参加|予約後送付されるURLよりアクセスしてください
*参加形態は後日発表

パス購入はこちら

上演言語

未定

クレジット

構成・演出|小泉明郎
VR制作|株式会社A440
製作|シアターコモンズ、株式会社A440