コモンズ・トーク#2
「スザンネ・ケネディらを迎えて」

Commons Talk #2

"Presenting Susanne Kennedy, Markus Selg and Rodrik Biersteker"

  • トーク
  • リモート参加のみ
© Franziska Sinn

ポストヒューマン時代を牽引する演出家スザンネ・ケネディと、その世界観を視覚的に体現する美術家マルクス・ゼルクを招いてのオンライン・トーク。今回シアターコモンズからの委嘱を受けて世界初演する「I AM (VR)」のコンセプトや方法論はもちろん、演劇と仮想性をめぐり、コロナ後の哲学的視点からも議論する。

登壇者│スザンネ・ケネディ(演出家)、マルクス・ゼルク(マルチメディア・アーティスト)、ロドリック・ビアステーカー(プログラマー)
司会│相馬千秋(シアターコモンズ ディレクター)

プロフィール

スザンネ・ケネディ 
1977年生まれ。アムステルダム芸術大学(AHK)卒業。エンダ・ウォルシュ、サラ・ケイン、エルフリーデ・イェリネクらの作品をオランダ各地の劇場で演出。2011年からはヨハン・シモンスの誘いを受けてミュンヘン・カンマーシュピーレで演出活動を開始。2013年『インゴルシュタットの煉獄』で「テアター・ホイテ」の年間最優秀若手演出家に選出され、翌年ベルリン演劇祭にも招聘される。近年ではベルリン・フォルクスビューネ劇場とミュンヘン・カンマーシュピーレを拠点とし、『ウーマン・イン・トラブル』(2017)、『バージン・スーサイド』(2017)、『三人姉妹』(2019)などを次々と発表。仮面をつけた俳優たち、録音されたセリフが自動再生される特異な舞台は、ポストヒューマン時代の新たな演劇として注目を集めている。

© Franziska Sinn

マルクス・ゼルク
1974年ドイツ・シンゲン生まれ。デジタルペインティング、彫刻、没入型インスタレーション、演劇、VR等を用い、古来の神話とコンピューターテクノロジー間のダイナミクスを探求するマルチメディア・アーティスト。
スザンヌ・ケネディとの共作では、ミュンヘン・カンマーシュピーレ劇場にて『ALGORITHMIC RITUALS – The Infinite Self』、『ORACLE』(ともに2019/2020)を発表したほか、ベルリン・フォルクスビューネ劇場にて発表した『ULTRAWORD』(2019/2020)ではファウスト・アワード2020最優秀舞台デザイン賞を受賞。展覧会や、パフォーマンス作品を発表するほか、長編映画『DAS EWIGE ANTLITZ』(2012)、ヴェルナー・ヘルツォークと共作したオペラ作品『TRACES OF THE SUN – An Apocalyptic Opera』(2009)など、多彩なジャンルを横断して活躍している。

ロドリック・ビアステーカー
1986年オランダ・アルクマール生まれ。HKUユトレヒト芸術大学でバーチャルシアターとゲームのデザインを学ぶ。主に演劇の文脈のなかで映像やインタラクティブなテクノロジーを用い、領域横断的な活動を行うアーティスト。
近年では、スザンネ・ケネディとの共作として、ルール・トリエンナーレ、ミュンヘン・カンマーシュピーレ、ベルリン・フォルクスビューネ劇場などでの作品で数々のコラボレーションを行っており、最新作の『ULTRAWORD』(2020)では、マルクス・ゼルクと共にファウスト・アワードを受賞した。

相馬千秋(そうま・ちあき)
こちらのページを参照

日時

2月20日(土)19:00-20:30

上演時間

90分

会場

オンライン

参加方法

予約後送付されるURLよりアクセスしてください

パス購入はこちら

上演言語

英語(日本語通訳つき)