森村泰昌

「芸術家Mの『にっぽん、チャチャチャ!』」

レクチャーパフォーマンス

Yasumasa Morimura

“Yasumasa Morimura’s ‘Nippon Cha Cha Cha !’”

© Kazuo Fukunaga 

戦後史・美術史・個人史に侵入し、攪拌する──。
森村泰昌が演じる初のレクチャーパフォーマンス。

1985年に自らがゴッホに扮する《肖像(ゴッホ)》を発表以来、30年以上にわたり、西洋美術史の絵画や歴史上の人物に扮するセルフポートレートを制作し、日本を代表する美術家として活躍を続ける森村泰昌。これまで活動の集大成とも言える個展「自画像の美術史―『私』と『わたし』が出会うとき」(国立国際美術館、2016)では長編映画作品を制作するなど、常に新たな挑戦を続けている。
フランス、ポンピドゥーセンター・メスとシアターコモンズからの委嘱をうけて創作される本公演は、これまで数多くの講演を行ってきた森村にとっても初のレクチャーパフォーマンスとなる。日本の戦後史および美術史、森村自身の個人史の3つが交錯する「わたし」の物語を語るのは、森村なのか、彼が憑依する偶像なのか? 森村は観客の眼差しの前で変身しながら、社会史と芸術史に侵入し、フィクションと現実の境界を攪拌するにちがいない。

プロフィール

森村泰昌(もりむら・やすまさ)
1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレート写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。1989年、ベニスビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で展覧会を開催する。2014年、ヨコハマトリエンナーレ2014の芸術監督を務める。2017年、モスクワのプーシキン国立美術館にて個展「自画像の美術史」を開催。近著に『美術、応答せよ!』、『自画像の告白』など。2011年秋、紫綬褒章を受章。

© Kazuo Fukunaga 

  • 日時
  • 3月2日(金)19:00-

  • 3月3日(土)17:00-

  • 3月4日(日)14:00-

    *アフタートーク有(ゲスト未定)
  • 上演言語
  • 日本語
  • クレジット
  • 出演・脚本|森村泰昌
  • 演出|あごうさとし
  • 撮影|岸本康、藤井光
  • 製作|シアターコモンズ実行委員会、ポンピドゥーセンター・メス、一色事務所
  • 舞台監督|夏目雅也
  • 照明|串本和也 (RYU. Inc)
  • 音響|稲荷森健
  • 映像オペレーション|石塚俊
  • 関連イベント
  • 3月4日(日)上演後アフタートーク