ブシュラ・ハリーリ [モロッコ/ドイツ]

「テンペスト・ソサエティ」

映像上映|トーク

ピレウス/ヘテロクロニア」と同時開催

Bouchra Khalili [Morocco / Germany]

“The Tempest Society”

© Bouchra Khalili

芸術を通じた社会変革は可能か?
ドクメンタ14の話題作が問う、世界の分断と共生。

モロッコに生まれ、フランスで学び、現在はベルリンを拠点に活躍するアーティスト、ブシュラ・ハリーリ。映像、インスタレーション、写真などのメディアを用い、自らのルーツであるアラブ・地中海世界における移動をテーマにした作品で高い評価を得てきた。今回シアターコモンズでは、ドクメンタ14のために制作され大きな話題を呼んだ映像作品「テンペスト・ソサエティ」をアジアで初公開する。
タイトルの「テンペスト・ソサエティ」は、1970年代にフランス人姉弟とアルジェリア人移民の3人が立ち上げた劇団名「Al Assifa」(アラビア語で「嵐」)を意味する。演劇を通じた社会変革の運動でもあった劇団の歴史を、異なるルーツを持ちながらもギリシャに暮らす3人の若者が「再演」する。彼らの表情、声、身体はかつての演劇革命家たちとのそれと二重写しとなり、現在のギリシャが経験する分断や破綻、そこに残された希望を静かに暗示するようだ。
上映に際しては、日本人アーティストやキュレーター、そして観客を交えての対話の場もひらく。

プロフィール

ブシュラ・ハリーリ
1975年、カサブランカ(モロッコ)生まれ。フランス国立高等美術学校卒業。映像、インスタレーション、写真などのメディアを用い、自らのルーツである中東アラブ世界やヨーロッパにおける個人、とりわけ政治的マイノリティの声や歴史を浮かび上がらせる作品で高い評価を受ける。近年は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での「Foreign Office」(2016)、パレ・ド・トーキョーでの「Garden Conversation」(2015)などの個展開催に続き、2017年アテネ・カッセル同時開催のドクメンタ14おいて、最重要作品の一つに挙げられるなど、世界的な注目を集めている。現在ベルリン在住、オスロ王立芸術アカデミー教授。

© Dustin Aksland

  • 日時
  • *①藤井光「ピレウス/ヘテロクロニア」(75分) ②テンペスト・ソサエティ(59分)
  • 2月22日(木)

    ①18:00 ②19:30 +ブシュラ・ハリーリ×藤井光 トーク
  • 2月23日(金)

    ①15:00 ②16:30
  • 2月24日(土)

    ①14:00 ②15:30
  • 2月25日(日)

    ①18:00 ②19:30 +ブシュラ・ハリーリ×高山明 トーク
  • 上演言語
  • ギリシャ語・アラビア語・フランス語など(日本語・英語字幕つき)
  • クレジット
  • 監督|ブシュラ・ハリーリ
  • プロデューサー|アレクサンドル・コフマン
  • 東京上映会 共催|ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター